×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
トレーニングするのは午後がいい!?
筋肥大、筋力アップには同化ホルモンが非常に大きな働きをしていることは周知の事実です。その中でも、特に大きな働きをしているのが"テストステロン"です。筋量筋力アップには、出来る限りテストステロンの血中濃度を高いレベルでキープできればいいわけですね。

最近は"テストステロン・ブースター"なるサプリメント(ドラッグ?)もあるようですが、その効果のほどはかなり怪しいようです。

血清テストステロン濃度は、

■一定の強度以上のトレーニングによって上昇する
■朝に血中濃度が最も高く、徐々に低くなっていく


ということが分かっています。

すなわち、日単位でのテストステロンの総分泌量を増加させる為には、血中濃度が低くなっていく午後にトレーニングを行なった方が効果的であると言えるわけです。(2007.3.23)

                         戻る