×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
握力が強いほど長寿!?
2007年4月3日付けで米国の医学雑誌に掲載された、日米共同機関「放射線影響研究所」の研究グループの論文によると、「握力が強いほど心疾患や脳卒中による死亡率も低くなる」と述べている。

このグループは1970〜72年の間に同研究所で握力測定した4912人を対象に、99年まで追跡調査した。

様々なグループ分けで検討した結果、どのグループでも握力が強いグループの死亡率が低いという研究結果が出たという。

以上は4月4日の京都新聞朝刊の記事を要約したものです。

こういうのを「前向きコホート研究」というんだったと思うけど、手間のかかることをする人達がいたものですね〜

5000人近い人間を、約30年年間追跡するのは並大抵のことではありません・・・

しかも、握力と死亡率の関係っていう視点が奇天烈です(^^;(2007.4.4)

                       戻る