×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
バーベル・ショルダープレス
 
肩のトレーニングのメイン種目(というか、今はほとんどこれしかやってない)がバーベル・バックプレスです。

ダンベル・ショルダープレスに比べると可動域は狭くなりますが、バランスがとりやすく高重量を扱えるため好んで行ってます。



現在は座ってやってます。
スタンディングで、大腿のチーティングを使って重めの重量を扱うのも好きなのですが、肩は怪我をしやすいのであまり無茶はしないようにしてます。

パワーラックのセイフティ・バーを耳の高さに設置し、ここをスタートポジションとします。
こうしておくと安心して限界まで追い込めます。
手幅は肩幅より少し広いくらい(親指と親指の間が約60センチくらいかな)




大きく息を吸って止め、一気に頭上に持ち上げます。
肘がロックする寸前でバーを降ろし、耳の高さまで降ろしたら、再び挙上します。

呼吸や切り返しの要領は、ベンチプレスとほとんど同じです。

注意していることは
・苦しくても首を後ろにそらして踏ん張らない
 →首をそらして気張ると、酷い頚部痛になることがあるからです。
・肘を開きすぎない
 →肘を必要以上に後ろに開くと故障しやすいです。


【2006年11月現在のメニュー】
・70kg×3reps×1set
・65kg×5〜6reps×1set
・60kg×5〜6reps×1set

重量は5〜8レップできるくらいで調子に合わせて適宜調節。

                         戻る