×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
ベンチ・カール
   
 

これは私が思いついた方法で「ベンチ・カール」というネーミングも、私が勝手に付けたものなのでご了承を。

もしかしたら、すでにおなじみの方法だったり、同じようなことをしている人がおられるかもしれませんが・・・その場合は申し訳ないです。

全然大したことではないので、あまり期待しないで下さい。

基本的にはコンセントレーション・カールと同じなのですが、よりストリクトにできます。
やり方次第ではプリーチャーカールの代用にもなる・・・・かな?



コンセントレーション・カールの場合は、このように自分の膝のあたりに肘を押し付けて固定してカールしますが、
この方法って結構難しいんですよね。
肘をあてる場所や、体の傾きで負荷が大きく変わってくるし、動作中、結構膝は動くし、意外にチーティングしやすいので高重量 が扱えたりします。
しかし、本来そんなに高重量を扱える種目ではないはずなので、何かやり方が不味いと考えた方がいいと思います。

そこで思いついたのが、この方法。



肘をベンチの端に固定してカール



この方法だと、ほとんどチートできないのでコンセントレーション・カールで扱っていた重量より、かなり軽い重量でしかできないはずです。



コレだけの話なんですけどね・・・すいません。

基本的に、ストリクトに行なう種目にはあまり興味が無いのですが、サブ種目として時々やるようにしています。
挙らなくなった時点で反対の手で補助を入れて、ネガを耐えるフォースドレップすると、よく効きますよ。(2007.7.15)


12.5KG×8〜10reps×2〜3sets

                       戻る