×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
ヒール・エレベイテッド・チンニング
   
 

最近密かに試していた新しいトレーニングを紹介します。

これはボディビルダー山本義徳さんが雑誌で紹介していた方法で、いつか試してみようと思っていたんですよね〜



まず、写真のように手を肩幅より広めにして、尻が床につかない程度の高さでバーにぶら下がります。
膝を伸ばして脚を投げ出すようにして、ベンチに脚を置きます。



ちょうど鳩尾あたりにバーがくるように体を引き上げます。
この際、極力脚の力を使わないようにし、ベントロウをするような感じで肩甲骨を真ん中に寄せて、背中を収縮させるようにします。



グイッと胸を張るようにします。
これを可能な回数繰り返します。

やってみれば分かりますが、 スタートポジションから中間位まではチンニング動作、中間位から終わりまではベントロウのような動きになります。なので理論的には広背筋、大円筋、僧帽筋など総合的に刺激されるはずですが、私の感覚では特に広背筋、大円筋あたりの脇の下によく効くなという印象です。

利点は
●道具不要で、適当な場所と椅子があればできる
●手軽
●それほど強度が高くないので、チンニングができない人の代用トレーニングとして利用できる

欠点は
●強度があまり高くない(利点か欠点か、どっちやねん!)
●荷重しにくい(ウエイトベストくらいか?)

個人的にはメイン種目にするには物足りないので、チンニングをやった後にベントロウをやろうとして「プレートつけて用意するのが面倒だな〜」なんて思ったり(なんじゃそりゃ)、時間がない時のサブ種目として時々やってみようと思ってます。


                       戻る