×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

トップサイド・デッドリフト

 

デッドリフトは背中のトレーニングと位置付けているので、トップサイドで行っています。

トップサイド・デッドは腰への負担が少なく、かつ高重量が扱えるのでお薦めです。

パワーリフターではないので、ストラップを使用しています。

出来る限り前腕の消耗を避け、握力トレーニングに全出力を発揮したいからです。

あとは、床からのデッドだといくら防音防振をしているとはいえ、階下への騒音が気がかりだという理由があります。



スタートポジション
パワーラックのセイフティーバーを一番下にセットすると、バーがちょうど膝下にくるのでこの位置から始めます。
腰に負担の少ないワイドスタンスで行います。



フィニッシュポジション
顔は正面を見て、胸を張って肩甲骨を寄せるように意識します。




【現在のメニュー】
2〜3セットのウオームアップセットの後、本セット2〜3セット行います。

大体
150kg×6-8reps×1set
175kg×6-8reps×1set
150kg×6-8reps×1set

です。目標は200kgでレップスをこなすことです。


                      戻る