×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     
 

【ホームジムの薦め

「ホームジムは鍛錬者の楽園である」

超強力ハンドグリッパーCOC #3を閉じてIRONMINDに日本で3番目に公式認定されている横山氏(RB JAPAN代表)の名言です。
まさにその通りだと思います。ホームジムを表現するのに、これ以上の言葉は今の所見当たりません。


社会人になった頃から、時間的な拘束が無く、他の会員さんに気兼ねすることなく「好きな時に、好きなトレーニングをすきなだけできる」ホームジムへの憧れが強くなってきました・・・

そして今年(平成18年6月)、分譲マンションを購入したのをきっかけに念願のホームジムを作りました。

今はホームジムを作って本当によかったと感じています。
長所を思い付くままに列記してみいると


●好きな時間に好きなだけトレーニングできる
●順番待ちする必要がない
●話しかけられたりしないのでトレーニングに集中できる
●ジムへの往復時間を有効利用できる
●好きな音楽をかけながらできる
●他人の目を気にせず、慣れない種目の練習ができる
●好きな格好で出来る(上半身裸でもOK)
●初期費用のみで無料

ってところでしょうか。
場合によって、短所となりうるのは

●情報交換、コミュニケーションがとれない
●人のトレーニングを見る機会がない
●アドバイス、指導を受けられない
●マニアックなマシンが使えない
●家族の了承がいる
●狭い(うちの場合)

●プレートの脱着に時間がかかる、めんどい


でしょうか。

私の場合、ジムで他の会員さんに話しかけられるのも、話しかけるのもいやでした。(偏屈者なもんで・・・汗)
インターバルは次のセットへ備えて集中力を高める時間なので、こちらの都合を気にせず、エンドレス・トークを続ける会員はもちろんのこと、極端な話、挨拶すら疎ましく感じるほどだったので(してましたが)、私にとってホームジムは、最高のトレーニング環境と言えます。

また、最近はインターネットの普及で簡単にトレーニング情報を収集できますし、多くのプロビルダーやストロングマンがトレーニングDVDをリリースしているので、ジムに行かなくとも情報や知識の収集は可能です。

「アドバイス、指導を受けられない」と言う点は、初心者の方にとっては大きな問題となりますが、それなりにキャリアのある人にとっては大きな問題とはならないでしょう。いざとなれば、ビデオで自分のトレーニングを撮影して客観的にチェックすればいいと思います。

ゴールドジムに置いてあるようなマニアックなマシンを使用したければ、ジムに通うしかないですが、コンテストビルダーでもない限りフリーウエイトで必要かつ十分なトレーニングが可能です。

最後の「狭い」ですが、私は5畳半の部屋にパワーラック、ベンチ、ウエイトツリーなどを置いていますが、これだけの空間があれば、問題なくトレーニングできます。中にはもっと狭い部屋でトレーニングしている人もいるので、工夫次第でなんとでもなります。

また仕事で忙しく、ジムの時間に間に合わない、ジムに通う往復の時間がもったいない、という人にとっては非常に心強い存在となります。ホームジムがあれば、

仕事から帰って、器具待ちの時間なしにトレーニング

すぐにシャワー

すぐ食事


とタイムロスが少なく、快適なノンストレス・トレーニングライフが送れます。
また、トレーニング後すぐに食事がとれるのもカタボリック防止という面で効果的です。

金銭的にも非常にお得です。
おいおいコンテンツでも触れていきますが、私のジムは総額約13〜14万でした。
月会費1万のジムに通う場合、入会時に入会費+月会費3ヶ月分、その後毎月1万かかると考えると、1年で元を取れます。ホームジムは初期費用のみで、あとはほとんどお金がかかりません。時々必要なものを買い足すくらいです。

長々と書いてきましたが、 ホームジムが万人にとっていいとは言いません。
己の内面と向き合い、自己を高めることに興味がある人や、修行のごとく黙々とトレーニングに没頭したい人にとっては、最高の環境と言えますが、他人とのコミュニケーションを好み、みんなでワイワイ楽しくやりたい外交的な人には不向きです。

これを読んでホームジムに興味を持ったあなた、すぐに実行しましょう。
ベンチとダンベル(またはチューブ)があればすぐに出来ます。
バルクアップ、パワーアップ間違いなしです(笑)


                       戻る